更年期障害を改善しよう~医療のプロに任せまSHOW~

医者

治療の時期と対象

医者

早期からの治療

女性の場合には、月に1度くらいの周期で月経があります。しかし、50歳前後になりますと、閉経になって更年期を迎える人が増加します。更年期の問題は、子供を産むための準備が不要になって、女性ホルモンの量が急激に減少することです。こうした更年期における、女性ホルモンの減少による障害を、更年期障害と呼んでいます。更年期障害の治療は、閉経後の50歳前後から開始されることが一般的です。ところが、更年期障害の出現のしかたは、それぞれによって異なって、早期から現れることがあります。例えば、40歳くらいから月経の期間や周期に変化が生じ始めて、更年期障害が出始めることがあります。しかし、それが更年期障害として、認識されていないケースがあるのです。したがって、今後は早期からの更年期障害の治療が、盛んになると予測されます。

全身に目を向けて治療

さて、女性ホルモンは、全身に作用するホルモンです。そのため、更年期で女性ホルモンの量が減少すると、全身に影響が発生する可能性があるのです。もちろん、骨や筋肉や内臓といった肉体にも生じますが、精神にも影響が及ぶことがあります。例えば、腰痛は若い人であっても、日常生活を送るだけで発症することが珍しくありません。しかし、更年期障害の場合、本来はそれほど強い炎症ではないのに、強い痛みになることがあるのです。このようなときは、本来の肉体から生じた痛みを、精神が増強させている可能性があります。すなわち、治療の対象を精神的な部分にシフトさせなければ、痛みを改善させることが出来ないのです。したがって、更年期障害の治療は、全身に目を向けて治療をすることが特徴になります。

正しく食べられない病気

女性

身体は問題ないのに正しく食事をとる事ができない、それが摂食障害です。精神疾患のひとつでその原因や発症のきっかけは様々です。食べることに問題がでる病気ですが、その根底は精神的なことにあるので治療には精神科や心療内科の受診が最適です。

Read More...

閉経前後の女性の体

悩み

つらい更年期障害ですが、自分に合った対策法を見つけ、それに伴った行動を起こすことが大切です。減少してしまったエストロゲンは、楽しく感じたり心がときめいたりすると分泌されるようです。日常生活の中で笑顔をたやさないということも必要です。

Read More...

女性ホルモンのバランス

women

更年期障害の症状で最も多いのがほてりですが、そのほか多汗、冷え性、動悸、めまいなどの症状を伴う更年期障害は、自律神経失調症のひとつですが、症状の軽い重いも含め、個人差が多いようです。深刻な場合は医療機関に診てもらうのがいいです。

Read More...