更年期障害を改善しよう~医療のプロに任せまSHOW~

man

閉経前後の女性の体

悩み

楽に過ごすための方法

更年期は、閉経前後の5年間のことを一般的に言います。この期間は女性ホルモンが減少して、体に変化が起こり体調不良になり、精神的にも落ち込むことが多くなります。そのまま放置しておくと症状が悪化して、寝込んでしまうなど日常生活すら困難になる人もいます。このつらい更年期障害の対策として、一般的なのは薬やサプリメントを飲むことです。その中でも人気のある対策法は、プラセンタを摂取することです。プラセンタは、哺乳類の胎盤のことで、胎児を育てるための栄養素が豊富に含まれています。それを飲むことによって更年期障害がかなり緩和される人もいます。市販のサプリメントは豚や馬のプラセンタを使用していますが、病院ではヒトの胎盤を使ったプラセンタ注射を打つことができます。

これからの見通し

更年期障害の対策を色々な研究者が追求して、薬によって症状を緩和、予防することができるようになっています。身体的な症状だけではなく、現代社会で生きていく中で、老後の生活不安という精神的な不安も影響して更年期障害を訴える人が多くなっていくと考えられます。高齢化社会と少子化という問題を抱え、現実的に夫が先に亡くなり、妻が一人だけ残されるという状況も増えてきます。そのような不安感というものも更年期障害を引き起こす原因にもなっていきます。対策としては、女性がいかに自立して生活することができるかということがポイントになってきます。更年期障害と上手に向き合いながら、少しでも社会参加やサークル活動などに参加するなどして前向きに生きていくことも大切です。