更年期障害を改善しよう~医療のプロに任せまSHOW~

man

正しく食べられない病気

女性

実は精神疾患である

摂食障害は身体的な不調がないにも関わらず、正しく食事をとる事ができない精神疾患のひとつです。一時のやけ食いなどではなく、拒食、過食などの食に関する問題が長期間続く場合を指します。一般的には痩せたい願望から始まり、拒食になってしまうケースが多い様に認識されていますが、それは表面的な一因に過ぎず、根底には強い自己不信感や自己抑圧力との葛藤などが隠されており、原因は大変複雑なものです。拒食と過食は一見反対の行動のように思えますが、これは大きくみると摂食障害の異なる段階の症状であり、もとは同じ精神疾患と考えられています。拒食の段階で治療を始めればまだ早い改善が見込めますが、過食は食べたい気持ちと食べてはいけない気持ちが同居し、過食嘔吐といった問題行動を起こしてしまうようになります。

メンタル面のケアが重要

摂食障害の治療の難しいところは、患者本人が自分は病気であるという認識を持ち辛いところにあります。他人から見ればもう十分痩せているのに、まだまだ足りないと過度なダイエットのため拒食を続けることは病気ですが、本人はいたって元気で何も疑問を持たずに拒食を続けていることがあります。また過食をして罪悪感から嘔吐や下剤を使って食べ物を排出することを繰り返していると次第に内臓にも疾患が現れ、重篤になると命に関わる事もあります。そのような内科的な治療は一時的にはもちろん必要ですが、摂食障害を根底から治療するにはその原因であるメンタル面の不安を取り除くことが重要です。精神科や心療内科が治療に適しているとされています。また家族関係の問題から発症することが多いとされており、治療には家族や周囲の人々の協力も欠かせません。