更年期障害を改善しよう~医療のプロに任せまSHOW~

man

女性ホルモンのバランス

women

症状は様々

女性は50歳ごろを中心に卵巣機能が低下し閉経期を迎えますが、その際に今まで卵巣から分泌していたホルモン量が減り、脳から卵胞刺激ホルモンを分泌するも、卵巣が対応できなくなってホルモンバランスが著しく乱れます。その影響をうけて様々な自覚症状がおきます。これを総称して更年期障害と呼んでいますが、一過性の体の変化と考えられ、10年前後で症状はおちつきます。症状で最も多いのがほてりですが、そのほか多汗、冷え性、動悸、めまいなどの症状を伴う更年期障害は、自律神経失調症のひとつです。そのほか、肩こりや腰痛、手足のしびれも生じる場合があります。さらに、イライラや不安、うつ・神経質、意欲低下や睡眠障害まで起きる場合もあります。

さまざまな症状

更年期障害の症状は個人差が大きいのは今も昔も今後も変わらないことですが、こうしたホルモンバランス以外にもとりまく環境、生活リズムの変化などによる精神的ストレスや家庭職場のストレスが加わって、今は症状もさらに変化します。意欲低下や更年期うつを患う人はそうした人です。その他、更年期障害のせいで、吐き気や嘔吐、食欲不振など消化器系の症状が出た場合など、医療機関に受診するのが望ましいです。更年期に太るという人は若いころに行ったダイエットや不規則な生活や食事の影響でホルモンバランスが乱れている場合もあります。さらに、ホルモンバランスの乱れがきっかけで骨粗鬆症や高血圧・脂質以上症・糖尿病を起こしたり、動脈硬化の進行が早まる原因にもなる場合があります。